VirtualBoxにインストールした「CentOS Stream9」にSSH接続してみる

前回VirtualBoxにインストールした「CentOS Stream9」にSSHで接続してみます。
以下の記事を参考
VirtualBox に「CentOS Stream 9」をインストールしてみる

1.VirtualBoxにインストールしたCentOS Stream9のIPアドレスを確認

VirtualBoxを起動してCentOS Stream9のIPアドレスを確認します。
CentOSが起動したらrootユーザでログインして以下のコマンドを実行してIPアドレスを確認しましょう。
ipコマンドはipアドレスを確認するコマンドでオプション「a」をつけると設定されているすべてのIPアドレスの確認が可能です。

以下のように設定されているIPアドレスが表示されるのでこれを控えておきます。

接続用ユーザの作成をします。
rootでのSSH接続許可してないので以下のコマンドで接続用のユーザ(名前は任意)を作成します。
作成済みの場合は作成不要です。

パスワードコマンドでパスワードを設定します。
確認を含め2回パスワードを入力

一度シャットダウンする必要があるので、以下のコマンドでシャットダウンします。

2.VirtualBoxのネットワーク設定をする

VirtualBoxから設定対象の仮想マシン(CentOS Stream9)が選択された状態で「設定」-「ネットワーク」「アダプタ2」とクリックし、割り当て(A)を「ホストオンリーアダプター」に設定し「OK」をクリックします。

CentOS Stream9を起動後、rootユーザでログインしipコマンドでIPアドレスを確認します。
IPアドレスが追加されてると思います。

3.SSH接続してみる

TeraTermを用いてSSH接続します。
TeraTermは「窓の杜」等でダウンロードしてください。
接続先に新しく追加されたアドレスを指定し、作成したユーザでログインが可能です。

PC・WEBのことならけやきLabがサポートします。

    ラボすけです。 システムエンジニアとして大手企業様向けにWEB系システムの設計、構築、保守に従事する傍ら、埼玉県西部地区の個人様、中小企業様向けにパソコンの設定サポート、ホームページ作成をお手伝いしています。 当ブログでは「わかりやすく・丁寧に」を意識して投稿していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です