【Scratch】スプライトを回転させてみる。

Scratchでスプライトを回転させてみます。
動きとしてはスプライトが5秒間右に進み、180度回転して元の位置に戻ります。

1.スプライトが回転するプログラム

スプライトが5秒間右に進み、180度回転して元の位置に戻るプログラムです。

使用するイベントは6つになります。
イベント:「旗がクリックされたとき」
動き:「5秒でx座標(横軸)を100(右)に、y座標(縦軸)を0に変える」
  :「回転方法を左右のみにする」
  :「180度回す」
  :「5秒でx座標(横軸)を0(左)に、y座標(縦軸)を0に変える」
  :「180度回す」

このプログラムは、右向きのネコ(最初からいる)が以下の動きをします
1.旗がクリックされたらx座標「100」の位置まで5秒かけて移動。
2.180度(反対側に)回転 右向き ⇒ 左向き
3.x座標「0」の位置まで5秒かけて移動。
4.180度(反対側に)回転 左向き ⇒ 右向き
5.元の状態に戻る

ここで重要なのは「回転方法を左右のみにする」ことです。
デフォルトだと回転方法は「自由に回転」になっており、180度回転すると下向きになってしまいます。

PC・WEBのことならけやきLabがサポートします。

    ラボすけです。 システムエンジニアとして大手企業様向けにWEB系システムの設計、構築、保守に従事する傍ら、埼玉県西部地区の個人様、中小企業様向けにパソコンの設定サポート、ホームページ作成をお手伝いしています。 当ブログでは「わかりやすく・丁寧に」を意識して投稿していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です